ThinkPad X270を購入した

実は春から大学生で、新生活が始まります。

はじめて親元を離れてのひとり暮らし。すごく楽しみで不安でもあります。

 

最近の大学生は、大学からノートPCを一台買うように言われます。

大抵の大学は大学推奨PCというものが何機種か用意されていて、それらから選んで購入すれば、在学中壊したりしても無料で修理してもらえるし、修理中は代替機を貸してもらえるというサービスを受けられます。

が、私のようなPCを愛してやまない人間にとっては用意されているPCが気に入らないのです。

それに、大学のロボコンチームに参加したいと思っているのですが、そこでは時には大学推奨PCでは足りないようなパワーを求めてくることがあるのです。

そこで色々探した結果、ThinkPad X270にたどり着いたわけです。

ThinkPadといえば、自分の中ではLet'snoteと並ぶ二大ビジネスノートPCです。今でもメーカーがかわってもIBM時代からのファンが使い続けているというロングセラーシリーズですね。

細かい変更こそあっても基本形は変わらない。そんな時代に流されないスタイルが固定ファンを生み出しているのでしょう。

 

f:id:masaus379:20170217154704p:plain

 

構成はこんな感じです。正直、超低電圧版のi5やi7はそこまで性能に差がないと思ってはいるのですが、先輩たちの意見によるとこうすればよいということだったので、こうなりました。(若干好みが入ってたりするけれど...)

Officeは大学でもらえるようなので今回は省いています。

で、お値段は

¥163,566

お高い...。でも国産ノートでこれくらいのスペックにするともう少ししてしまうことがあるのである意味安いのかもしれません。

ちなみに、納品予定は2月17日現在、2月27日とのこと。

注文ステータスを見てみてもまだ注文済みから動いていないので、実際はもっとかかるかもしれません。

納品の遅さと本当にこれで大丈夫なのかという不安がありますが、ThinkPadのよさがそれらをかき消してくれることを楽しみにしています。