isai vivid(LGV32)が故障したというおはなし。

忙しいor疲れて何もしていないでブログを二か月くらい放置してしまってましたね...。

お久しぶりです。

もう一か月もも前の話になりますが、スマホが壊れました。もう機種変したのですが、それはまたのおはなし。

 

前まで使っていたスマホというのがisai vivid(LGV32)。カメラ機能が優秀で、かつとてもシンプルな良いスマホでした。

実はこの機種、色々と持病持ちのようで...。

有名なのは、突然無限に再起動がくりかえされる不具合ですが、タッチパネルが誤反応を繰り返すという不具合もあるようです。どうやら他にも同じ不具合に悩まされている人が多いらしく、メーカーはそんなことはないと認めていないようですが、auは問題があるのではないかと認識しているようでした。(電話ではそう言われた)

 

で、このタッチパネルが誤反応を繰り返す現象で二回修理して、外部も内部も部品交換されてほぼ新品の状態になったにも関わらず再発してしまいました。

auお客様センターには端末ではなくアプリのせいなのじゃないかと疑われましたが、代替機でいつも使っているアプリを使ってもそのような現象は発生しなかったというのは確認していたので、セットアップ終了時点(アプリ等何も入れていない状態)のどの条件でこの現象が起こるか色々と試しました。その結果、以下のことが確認できました。

 

機内モード時(Wi-Fiもオフ)の状態だと何も起こらない。

・鉄筋コンクリート造りの建物や地下などの電波が比較的入りづらい場所(電波の出力を上げなければいけない状況)で通信をすると画面にノイズのようなものが映ったり、タッチパネルが誤反応を起こし、操作が困難になる。

・稀にWi-Fiのみ接続でも現象が起こる。(Bluetoothは確認できませんでした。)

 

素人なので確認できた発生条件はこれくらいですし、発生原因も想像の域を出ないのですが、端末自体に何かしらの不具合か欠陥を抱えてるのは確かなようです。

 

誰かの参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

 

 

 

 

ThinkPad X270を約一ヶ月使ってみて。

どうも、こんにちは。

ようやく下宿に引っ越して、ホームシックになりかけながらも一人暮らしをエンジョイしている管理人です。

さてThinkPad X270が手元に来てから約一ヶ月経ちますが、どうなのかというと...とても満足。

その理由をいくつか紹介していきます。

1.全てがスムーズ。

 5年も前のPCより遅かったら困りますよね。とてもスムーズです。RAW現像や動画のエンコードなども時々やっているのですが、大抵まだ余力ありそうな速度で処理してくれるので工学部の私でも安心です。(まだわからないけれど)

2.バッテリー持ちがすごくいい

f:id:masaus379:20170330200941p:plain

この記事を執筆している時点でのバッテリー残量です。

 最近のノートPCだと当たり前なんですかね。いつも使っているわけじゃないので微妙なところですが、ネットしかしないで一日を過ごすくらいじゃ余裕でバッテリーが持ちます。授業に使うのにも安心ですね。

3.入力関係がすごく使いやすい。

f:id:masaus379:20170330201525j:plain

トラックポイントついてるノートって最近はあっても超コンパクトなモバイルノートくらいだよね...。

これが自分の中での満足度のほとんどを占めています。もう本当にマウスがいらない。

トラックポイントは勿論、トラックパッドもとても便利で、アプリの切り替えや仮想デスクトップの移動などいろいろなジェスチャー機能に対応しています。

 

最初の頃とあまり感想変わってないような気もしますね。まあ、それだけ満足なのでよかったってことですね。

なんだか尻切れトンボ的な終わり方ですが、こんなところです。それでは。

 

Amazon fire TV stick(NEWモデル)がやってきた

ひとり暮らしを始めると何が足りないかって言うと、音ですよね。

だからってPCでずっと動画を流してるのもアレだし、テレビだってNHKの受信料が...ってなるというわけであのアイテム買いました。

f:id:masaus379:20170407225158j:plain

はい、Amazon fire TV stick(NEWモデル)です。タイトルに書いてあるけど...

海外では既に発売されていたようですが、日本でもようやくfire TV stickの新モデルが発売されました。

前のモデルと何が違うのかというと...

・CPUがクアッドコアに(前モデルはデュアルコア

Wi-Fi802.11acに対応

・Bluetooth4.1に対応(前モデルはBluetooth3.0)

・ビデオ、音楽で再生できるフォーマットが増えた

・標準の製品保証が90日間(半年間)に(前モデルは1年間)

 

良くなったところは赤く、残念なところは青く色分けしてみました。

CPUがパワーアップしたりした分、できることが増えたみたいですね。前モデルは持っていないので比較しようがないですが、NEWモデルでは動画再生や検索はスムーズでストレスフリーです。

操作性ですが、これは流石、専用機といったところ。シンプルなボタン配置で迷う必要が無いのもいいところですね。リモコンになるスマホアプリもあるのですが、ロック解除してアプリを開くという手間があるので、やっぱり専用リモコンがいいですね。文字入力は面倒ですが。

ボタンが増えてしまうので微妙なところですが、テレビの電源を入れるボタンやテレビの音量ボタンを追加してくれたらいいですね。それか、fireTV が内蔵されてるディスプレイを発売してくれたら、トングルの出っ張りがなくなるのでもっといいです。

ちなみに、唯一の残念なところとして挙げた短い保証期間は有料でも2年に延長することもできるので、心配性の人は入るといいでしょう。この有料保証は前モデルよりも安くなっています。

 

ThinkPad X270でブートロゴを変更する方法

f:id:masaus379:20170324214252j:plain

こんなブートロゴ嫌ですよね...

どうもこんにちは。

下宿へ移動するまで暇で仕方ないので、怖くてできなかったブートロゴの書き換えをやってみました。

先に注意事項をいくつか。

1.BIOSをいじります。バッテリー残量が十分あることを確認して、必ずACアダプタを接続してから行いましょう。また、BIOSというものが何かわからない人はやらない方が無難です。

2.このカスタマイズによってメーカー保証が受けられなくなる場合があります。

3.以下の操作を行って故障した場合でも私は一切責任を負えませんのでご注意ください。

4.途中で何度か再起動がかかります。Windowsのログオン画面かデスクトップが表示されるまで絶対に操作しないでください。

【準備するもの】

BIOS アップデート ユーティリティ (Windows 10 64bit/ 8.1 64bit/ 7 32bit, 64bit) - ThinkPad X270(クリックでサイトが開きます)

・640×480、30KB以下の.jpg、.bmp、.gif形式の何れかの画像一枚

 

【手順1】

ダウンロードしたBIOSアップデートユーティリティを実行してインストールします。インストール先はデフォルトでも問題ありません。

【手順2】

ブートロゴとして表示させたい画像を用意します。

先ほどの通り、640×480、30KB以下の画像にして、LOGO.(拡張子)で保存してください。

画像圧縮や縮小は検索すれば色々出てくるので、任意のサービスやソフトでしてください。

※単純な画像(ThinkPadロゴ等)だと、.jpgより.gifの方がちゃんと表示してくれることがあります。

f:id:masaus379:20170324214444j:plain

jpegだとなぜか青いのがかかる...

【手順3】

手順2で作った画像をC:\DRIVERS\Flash\r0iuj03wwに入れます。

そして、同じフォルダにあるWINUPTP64.exeを実行します。書いてある通りに手順を進めばブートロゴが書き換わっているはずです。

f:id:masaus379:20170324214353j:plain

完成!背景が微妙に見えてるけど...

【ここでワンポイント】

入っているBIOSのバージョンとインストールしようとしているBIOSのバージョンが同じだったり、入っているバージョンより古かったり、2回目以降の変更になると、BIOSの書き込みを阻止されてしまうことがあります。その場合はBIOS設定から

Security→UEFI Update Option→Secure RollBack Prevention :[Disabled]に設定

このように設定すると書き込みを阻止されなくなるので、書き込むことができるようになります。

 

レンズフードの正しい取り付け方。

一眼レフ初心者である私がすごく苦労したのが、なんとレンズフードの取り付け方です。どういうわけか、取扱説明書にもネットにも具体的なコツが書いていない...。(私が見つけていないだけ)ならば、備忘録も兼ねて書いてしまおうではないか、となったわけです。

よくわかる解説(CV:勉強小僧)

1.レンズフードのCannonロゴと一番広角側にしたレンズのロゴが直角になるように合わせてはめます。

f:id:masaus379:20170314223846j:plain

2.時計回りに、90度ほど捻ります。コツンとした手ごたえがして、ちょっと触ったくらいじゃ外れないようであれば、取り付けは終わりです。外すときは、逆の手順で外します。

f:id:masaus379:20170314223853j:plain

 

次に、収納時の取り付け方。

1.レンズフードのロゴと一番広角まで引いたレンズのロゴが合わさるようにして、被せます。

f:id:masaus379:20170314224600j:plain

2.そして、同じように時計回りに90度回します。

f:id:masaus379:20170314224707j:plain

いかがだったでしょうか。レンズの取り付けにもちゃんとしたやり方があるように、レンズフードのはめ方もやり方があるのですね。これはどのレンズにもあてあまることだと思うので、忘れないようにしないといけないですね。

それでは。

突然ですが、一眼はじめました。#3 |初期投資で買ったもの2|

えー、連投でいっちゃいます。デジタル一眼レフカメラを導入するにあたって、初期投資で買ったものを紹介していく第二弾。今回は、すっかり忘れられていたものを紹介していきます。

まず、レンズフィルター。レンズを守るのには必須です。

 Kenkoでお安めということで選びました。実は、もう少し出せばCannonの純正品が買えたり...。

 

次に、レンズフード。余分な光が入るのを防いで、ゴーストやフレアといった画像のゴミが発生するのを防ぐだけでなく、これもレンズを守る役目があります。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM用

Canon レンズフード EW-63C

Canon レンズフード EW-63C

 

 EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM用

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63

 

 これをつければ、威圧感が増すと思います(※あくまで個人の感想です。)

 

突然ですが、一眼はじめました。#2 |初期投資で買ったもの1|

えー、ここ一週間、毎日のようにどこかしらへ出かけている管理人です。

まあ、目的なんてないんですけどね。家にいてもやることがないから、とりあえず外へ出ようみたいな。

そんな前置きはともかく、一眼レフカメラを導入するにあたって、初期投資で買ったものを紹介していくコーナー第一弾。はじめていきます。レンズフィルターとレンズフードのことをすっかり忘れていたなんて言えない...。一応、買ってはいるので第二弾で紹介しますね。

まず、デジタルカメラには欠かせないSDカード。

 LexarのSDカードです。この製品の特徴は、コスパですね。そこそこスペックもよくて、ビッ○カメラさんでも税込み2000円程で入手できるという代物です。軽くベンチマークソフトで速度を測ってみたところ、読み込み85MB/s、書き込み30MB/sという結果になりました。まあ、連写しまくるということがなければ困らないと思います。

 

次に、バッグ。よくわからないので、友人が使っているものを聞き出して選んじゃいました。

 お安い部類に入るのでしょうが、amazonではまあまあしますね。でも、同じく○ックカメラさんで税込み2000円ほどで販売されていていました。

 

そして、カメラを大切に綺麗に使うのに必要なメンテナンス道具たち。

 

 よくおすすめに挙がるものたちですね。ブロワーは買いませんでした。買わないといけない気がするけど...。あと、ドライボックスが必要ですね。まだこの季節はギリギリ大丈夫そうですが、梅雨の時期になると..。早めに買わないといけません。

 

最後に、予備バッテリー。もうそこまで出せないから、純正品は無理、ということでいきなりアレに手を出しちゃいました。

 ロワジャパンさんの互換バッテリー。ロワジャパンさん、互換バッテリーメーカーとしては結構有名のようです。もっと安いのもあるのですが、これは日本製のバッテリーセルを使っているということで、信頼性もそこそこ高いのだろうとこれにしました。私のEOS70Dでは問題なく使えています。でも、予算に余裕のある人はちょっと高くても純正品にすべきだと思います。カメラが故障した場合、メーカー保証が効かなくなっちゃうこともあるので。

 

いやあ、結構安く揃えたつもりなのですが結構使っちゃいました。節約しないと。